スギナの成分と驚くべき効能/中国 あふれかえる食品添加物

一時は命の危険を感じた私の体調は、徐々に戻って来ています。

先日は、自己愛を髪の毛に対して実践してみました。
パサパサの私の髪を気遣って、行きつけの有機のスーパーのマダム(茶道の弟子)が、
死海の水(日本では知られているかしら?)を使って製造したシャンプーをプレゼントしてくれました。

それでシャンプーしてから(流石、髪の毛はしっとりした仕上がり〜!!)、
髪にホオポノポノを言って、撫でていたら、インディアンの娘風に三つ編みをしたくなりました。

ちょっと数日だけ、写真をアップして、
ご心配かけた友人、読者の方々にお礼を言いたいと思います〜♥
祈ってくれていた友人もいますので、深い感謝を送ります。


ありがとうございました
c0264542_21195495.jpg


今回最後のセラピーセッション:量子セラピー で出された診断に驚きながら、、
 (、、というのは、要因が魂レベルから来ているらしい。
う〜〜ん、これって発表していいものか、どうか??)
それで波動治療後の様子を見ているのですが、昨日から、急激に体調がアップしているので、
このセラピーの影響が強いのではないかと思わずにいられません。
 
それにしても、友人Odileの遠赤外線マシーンがなければ、私は救急車で入院を余儀なくされていたかもしれません。
そして、身体、内臓のデトックスを促進しる薬草:白樺の芽のエキス。
これで、尿がオレンジ色になりました。(毒が出ているらしい)
アフリカの薬草は名前が分からないので、紹介できませんが、
白樺のエキスは、フランスではよく知られています。

そして、今スギナのエキスを飲み始めました。
お茶(ハーヴティー)として、アルティチョークの葉と一緒に飲んでいたのですが、
昨日、エッセンスとしても製造されていることが分かり、購入して来ました。
つくしの芽のエッセンスもありました。高価なので、スギナエッセンスをまず試してみることにしました。

スギナの成分と効用は、凄いです〜!!!

~~以下引用~~
http://ameblo.jp/mocki/entry-10509950717.html
(アメブロ:自然派で行こうさんのところから拾いました)

【主要成分】

・葉緑素(血液を造ったりきれいにする。損傷を受けた組織を修復する。
 肝臓を強化し体内の毒素を排出しやすくする)

・ケイ酸(体内の組織と組織結ぶ作用、不足すると記憶力低下)

・エキセトニン(サポニンの一種)

・ガルテオリン

・ベータ・シトステロール

・カルシウム(骨格を形成し、体液、血液の酸・アルカリバランスを保つ)

・マグネシウム(骨格を形成し、体液、血液の酸・アルカリバランスを保つ)

・ナトリウム(自律神経の働きをコントロールする)

・カリウム(自律神経の働きをコントロールする)

・ビタミンA

・ビタミンC

・ビタミンE

・鉄(ミネラル)

・亜鉛(ミネラル)

・マンガン(ミネラル)

・銅(ミネラル)

・その他のサポニン類


備考:スギナはミネラルの宝庫です。
   ミネラルが豊富な野菜の代表ほうれんそうと比較すると
   リン、カリウムは5倍、カルシウムは155倍、マグネシウムは3倍など



【効果・効能・予防】

・解熱

・利尿効果・・・葉緑素の作用

・デトックス効果

・鎮咳作用

・結石

・腎臓病の予防、腎機能の促進

・潰瘍

・ガンの予防

・自律神経失調症・・ナトリウム及びカリウム不足が原因で起こる。

・むくみ解消

・咳止め

・アトピー改善

・ガン

・糖尿病の予防

・肝臓病

・高血圧の予防(血圧低下作用)

・老化防止

・美容効果

・ダイエット効果 美髪・・・ケイ酸で抜け毛を防止

 健康な爪・・・ケイ酸が不足すると爪に筋ができる。
 アンチエイジ・・・ビタミンEの働きで老化防止


料理の食材:スギナ料理 若葉(油炒め、佃煮)
薬草酒・薬用酒 ○すぎな酒・・・すぎな茶をホワイトリカーに漬込んで1~2ヶ月ほど冷暗所にて保管すると出来上がり。生のスギナをホワイトリカーに漬込んでも良いでしょう。外用するとニキビや吹き出物などに効果的で美肌を保つことに役立ちます。
入浴剤 スギナ風呂         
その他 スギナ化粧水、スギナ水

~~引用終了~~


「自然の素晴らしさ」、
「自然の美しさ」
「自然との共生」
など、と私たち日本人の心の中には『自然』を尊ぶ気持ちがあることには、みなさまも異論は無いかと思います。
確かに、西洋に住んでいますと、自然は克服支配するモノである、という観念が通常です。
そのように、西洋科学は進化してきているのですね。

医学も、死体の解剖が土台となっています。
命のエネルギー体の研究、漢方医学のようなものとは次元が違うのです。

今回も、旧い中国医学の気の医学は、新しい波動セラピー、量子セラピーなどにも応用されているのです。

それなのに、この中国の『食』の現実は一体何たることでしょうか?

地球全体の平和とハーモニーを高めるには、私たち一般市民の自覚にかかっているのでしょう。
お偉い先生やリーダーたちは、私たちにその座を譲ったとしか思えません。
その私たちは、己の口に入るものの認識をしなくてはいけません〜!!!


中国 あふれかえる食品添加物
http://youtu.be/WfjmHTYHjl0

[PR]
by lamsoleil | 2013-06-06 02:21 | らむの庭

新しい地球づくり、コミュニティつくりを中心にフランスから発信しています


by lamsoleil