「ほっ」と。キャンペーン

6、21 パリ音楽デイの夜を楽しむ

6月21日は一年で一番昼間が長い日ですね。
その日、フランスその他、多くの国では《音楽祭》の日です。
昼間から夜遅くまで、街頭で、公園で、テント小屋で、メトロで、
一日中、誰でも何処でも楽器を奏で、歌い、踊り、笑い、、、
市民みんなで楽しみます。

私もふと思いついて、一人でふらりと出掛けました。
まずセーヌへ。
こんなにセーヌ河がラッシュなのって見た事なかった!
c0264542_8432955.jpg

c0264542_8443513.jpg

c0264542_845936.jpg


それから、パリの中心、ノートルダムの前へ、
そこから、メトロで再び、出発点のミッテラン図書館のあるセーヌの橋へ。
結局、期待していたブラジルの鼓笛隊を見つけられなくて、がっかり。
セーヌ河の湖畔では、テクノのゴンゴンいう音がうるさく、
ノートルダム前に仮説舞台を準備して、何かが始まるようだったけど、パス。

振り出しに戻って、自分の家の通りの、
いつもは覗きもしないスナックバーから、やけに楽しそうな雰囲気がしている。
それで、ちゃっかり便乗して、誰一人知っている人はいなかったけど、
みんなと一緒に踊ったり、写真とったりしました。
ミュージシャンたちがなかなかのセンスあるアーテイストで、
久しぶりに楽しませてもらいました。
c0264542_849087.jpg

c0264542_8494969.jpg

c0264542_8503162.jpg

この写真ではよく写っていないけど、奥にいる女性と黒人の男性が歌手です。
気さくで、粋なスイングする二人の唄に魅せられた私は、つい、握手を求めてしまった。


これは昨年の音楽デイ fête de la musique の時の、
今、人気者、レオ君の唄とスマイルをお楽しみください。
Léo Rispal : Someone like you - Fête de la musique 2012 à Roanne
http://youtu.be/j8_qq4RkiSM

[PR]
by lamsoleil | 2013-06-22 09:02 | 美と愛と音楽と

新しい地球づくり、コミュニティつくりを中心にフランスから発信しています


by lamsoleil