マリリン・モンローの隠された人生。。。ハリウッドの洗脳奴隷

今日は共生している友人と、内装工事の部品や素材を探しにインテリアのスーパーに買い出しに行きました。
そこで目にしたのは、マリリン・モンローの大きな壁紙用の写真でした。とにかくやけに大量に彼女の写真が生産されていることに、違和感を感じてしまいました。マリリンさんは天国でどう思っているのかしら、、と。

そして、思い出しました。この記事を。


転載元=日本や世界や宇宙の動向さんより
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51883860.html

マリリン・モンローの隠された人生。。。ハリウッドの洗脳奴隷

マリリンモンローが1962年に亡くなって、既に、50年以上も経っていますが、今でも世界一セクシーな女優として有名です。私自身はこれまでマリリン・モンローに興味を持ったことは一度もありませんが、最近、ハリウッドの闇(イルミナティの悪魔崇拝者が支配する世界)が次々と暴かれる中で、マリリン・モンローはイルミナティの最初の洗脳プログラムの餌食になった女性だということが分かります。彼女の少女時代は残酷で悲惨な物でした。このような少女時代を送ってきた彼女は精神状態がおかしくなってしまうのも無理はありません。
少女が大人に成長していく中で血のつながりのない育ての親達の冷酷さ、残酷さを嫌というほど味わったのではないでしょうか。本当に悲惨です。彼女は子供の時から人生最後まで生き地獄を体験し続けました。今でも、このような被害に遭っている子供達が世界中にいるのです。子供の虐待はなくなるばかりか増え続けています。
アメリカでは日本に比べても、子供の性的虐待が非常に多いようです。多くの少女達が被害に遭っています。特に欧米ではイルミナティの悪魔儀式や人口削減計画により大勢の子供達が犠牲になっています。
マリリン・モンローが体験してきた子供の性的虐待が今でも減らないアメリカはバカな母親と野蛮な肉食獣(男性)が多いということでしょうかね。それにしても。。。特に欧米では、両親や親せきのいない孤児は、イルミナティの格好の餌食になってしまっています。どこの国でも、両親や親せきの加護の下で子供達を孤児にさせないようにすべきですね。

http://vigilantcitizen.com/vigilantreport/the-hidden-life-of-marilyn-monroe-the-original-hollywood-mind-control-slave-part-i/
(概要)

5月21日付け:

マリリン・モンローはアメリカン・カルチャーで最も象徴的な存在であり、史上最高のセックスシンボルとして有名です。 しかし写真の中のモンロー・スマイルの裏には、パワフルなハンドラー(統治者)によって洗脳され続けた非常に傷つきやすいマリリンがいたのです。ここでは、マリリン・モンローの隠された人生(ハリウッド統治者の奴隷)についての記事(第一部)をご紹介します。

^^^^^^^^^^

マリリン・モンローは究極的なセックス・シンボルであり、ハリウッド女優の象徴であるグラマーさ、派手さ、そして、セクシーさの全てを兼ね備えていました。官能的なブロンドの彼女は 映画界に永遠の革命をもたらしました。彼女は現在に至るまでポップ・カルチャーに多大な影響を与えてきました。しかしマリリン・モンローはハリウッドの華麗さの象徴とされていますが、彼女のプライベート・ライフには非常に気がかりな隠れた事実が存在しています。彼女の闇はハリウッドの闇の全てを表しているとも言えます。

マリリンは、人生を通して、パワフルな洗脳者によって常に洗脳され続け、支配され続けてきたのです。その結果、最後に彼女は正気を失いました。彼女が36才という若さで死亡した時に、ポップカルチャー界で最初に有名人の不可解な死として取り上げられました。他殺の証拠となる多くの事実があるにも関わらず、今でも、彼女の死は自殺の可能性が濃いと見なされています。

マリリンの自叙伝を書いた多くの著者は、彼女の苦悩(マリリンが精神的な問題を抱えて苦しんでいた)を記述していますが、ハリウッドの闇の部分も併記すると、彼女の人生はさらに暗いものとなりました。

マリリンは、ハリウッドの統治者による洗脳プログラム(CIAのMKウルトラ・プログラムと呼ばれる)の最初の被害者でした。 マリリンが受けたトラウマと心理的なプログラミングにより、彼女は闇のエリートらの高級パペットになり、JFケネディ大統領のセックスモデルにもなりました。

しかしマリリンの洗脳プログラミングが機能しなくなった時、彼女はノイローゼになってしまいました。彼女は”自由の列車”から、放り出されたのです。自由の列車とは、MKウルトラ洗脳チームのことです。彼等はハリウッドの奴隷を創るのが目的であり、ハリウッドのハンドラーに危害を加え何の役にも絶たなくなった奴隷達(洗脳パペット)を殺害しています。今回は、美貌が禍となった孤独な女性、マリリンの実生活とキャリアを考察します。

(10代のノーマ・ジーン=マリリンの本名)
Marilyn Monroe a Motherless Child - Norma Jeane
http://youtu.be/3Iu-99A6Pf8


ノーマ・ジーン・モーテンセンは困難で不安定な少女時代を送りました。彼女は父親を知りませんでした。彼女の母親は情緒不安定だったために娘の面倒を見ることができませんでした。ノーマは、少女時代に母親が叫び声を上げたり大声で笑ったりしていたため、州立病院に強制的に入院させられた、と言っていました。ノーマは11歳の時から、州裁判所の判断により、孤児として11ヶ所のフォスターホーム(里親)に預けられました。フォスターホームが見つからない時は、ロサンゼルスの孤児院に預けられました。複数のフォスターホームを転々とするだけでも辛い状況の中で、彼女は多くのフォスター・ホームで、過酷な生活を強いられました。さらに悪いことに、少なくとも3ヶ所のフォスターホームで虐待を受けていました。例えば、ノーマが11歳の時に、母親の親友のグレース・マッキーと新しい夫のエルビン・シリマンのところに養子に迎えられましたが、養父のエルビンは、繰り返しノーマを強姦したのです。その結果、ノーマは強制的にその家を出ることになりました。

また、彼女がミドル・スクールに通っていた頃、カリフォルニアのコンプトンにいる彼女の大叔母に引き取られました。しかし、そこでも、大叔母の息子達が彼女を強姦したのです。結局彼女はその家からも出て行かなければならなくなりました。
以下は、ノーマがフォスター ホームでどのような虐待を受けていたかを記述した記事です:

あるフォスターホームで、ノーマは、育ての母親の身体(病んでいる部分)を触ったために、母親にムチで叩かれました。ノーマが8歳の時には、下宿人のキメル氏(本名ではない)が彼女を彼の部屋に呼んだ後、部屋に鍵をかけ、突然、ノーマを抱きしめました。ノーマは足で蹴飛ばして抵抗しましたが、彼はノーマを強姦し、その後、このことは誰にも言わないようにとノーマに告げました。その後、キメルはノーマにアイスクリームでも買いなさいと硬貨を手渡しました。ノーマはその硬貨を彼の顔にぶつけて、その場を逃げ、育ての母親のところに行き、キメルから性的虐待を受けたことを伝えました。しかし育ての母親はノーマが伝えた内容を無視し、「恥を知れ、ノーマ。キメル氏は私の大切な下宿人なのよ。」と言って、ノーマをののしりました。その後ノーマは自分の部屋に行き、一晩中、泣きました。

後に、マリリンは当時を思い出して、強姦された自分の身体がとても汚いと感じ、自分の身体が清潔になったと感じるまで、毎日、お風呂に入ったと伝えています。
シャワーやお風呂に入る行為は性的虐待を受けた少女がよく行う行為です。マリリンは性的虐待を受けた後に言葉がどもるようになり、大きなストレスを受けた時の精神状態に戻ってしまいました。

マリリンは少女時代にこのような性的虐待を受けたために、大人になってからは不適当行動が目立つようになりました。

少女時代の不安定でトラウマになるほど衝撃的な体験は、後に、ノーマをハリウッド統治者による洗脳プログラムの完璧な餌食にさせてしまいました。州裁判所により孤児となったノーマは、平和な家庭生活を味わったことがありませんでした。フォスターホーム、養父母、孤児院、代理人或いは後継人の世話になっている子供達は、赤の他人達によって人生が振り回されています。多くの場合、彼等は諜報機関の洗脳プログラミングの奴隷として売り渡されているのです。

これが洗脳プログラミングの奴隷を生み出すイルミナティのやり方です。
ノーマ・ジーンの境遇はイルミナティのベータ・プログラミング(子猫プログラミング)の最大のターゲットにさせてしまいました。ノーマは、芸能界で魅力的でカリスマ的な女性に仕立て上げるのに完璧なプロファイルを持っていました。ベータとはギリシャ語のアルファベットの2番目の文字であり、セクシュアルモデルを表しています。ベータプログラミングは人の脳を改造します。このプログラミングは、少女時代に受けた性的虐待の記憶を利用して、原始脳の部分を改造するのです。


Marilyn Monroe - Rare candid footage, Behind the Scenes & Modeling
http://youtu.be/8ERtYi4WkzA




[PR]
by lamsoleil | 2014-02-02 07:18 | 女性問題

新しい地球づくり、コミュニティつくりを中心にフランスから発信しています


by lamsoleil