イベント&「差し迫ったグローバル通貨リセット」〜!!

ライトワーカーのみなさん〜!! 
かなり信憑性のある情報が入りました。

Prepare for Changeの仲間ともほぼ毎日話していますが、今まであれこれ騒々しいニュースはあっても、「これだ〜!」というようなトップ記事がなかったので少し静観していました。
この情報(実質的に具体的な変化を知っている弁護士から)は、かなり信憑性が高いと思われるので、なんとか和訳しました。概訳なのでオリジナルも読んで下さいね。
(*)一部は理解できなくて翻訳を放棄してあります。

別口の記事からは、イベントはクリスマスから元旦の間に起るということです。
準備できていますよね〜?
だって、もう、2012年から叫んでいますからね〜

The Event Chronicleさんより
http://www.theeventchronicle.com/

http://www.theeventchronicle.com/intel/update-attorney-al-hodges-imminent-global-currency-reset/


先月は、石油·ルーブル両方への攻撃は、世界中の経済の混乱を招きました。特にロシアと欧州連合(EU)の経済に於いて。そして、米国はロシアとロシアの通貨に対して圧力を扇動するためにグラウンド·ゼロとしてウクライナを選択したにもかかわらず、今日12月17日、中国が進み出て、ワシントンとの間でつづく戦争のために、ロシアに完全な援助と保証を提供しています。

昨日までロシアは「ウクライナに対する侵略」というラベルを張られた状況で、孤立させられ、米国と欧州の両方から莫大な経済的圧力下にあると考えられていました。

しかし現実は、ウクライナはルーブル戦争とはほとんど関係ないものであり、アメリカは単に、彼らの石油ドル覇権に対するチェスの駒を進めるプーチンを妨害することのために、<スケープゴート>としてユーラシア国を扱っているのです。

^^^^^^^^^^

弁護士アル・ホッジスから更新:

差し迫ったグローバル通貨リセット
2014年12月19日

(アル·ホッジスより)

政府の内部あるいは外部にいる、中高クラスの人々は、投打版にされ、逮捕され、不名誉な恥さらしに成り下がり、金融優位の座を失い、権力を失い、公式オフィスの損失、および短期レベルの起訴を受ける身と成ります。

発生した多くのイベントに参加した私としての意見では、「ついに我々は結論の最終的時点に来た」ということです。

これが取った途方もない時間を受け入れることは非常に困難ですが、関与した行為が、最終目標を達成するために必要とされたことを、お伝えすることができます。

最終的な目的と今までの進捗状況をよく理解することによって出される結論で、私はこの助言します。
「あなたの旅は、基本的に終わった」と。

専門家としての私の意見が基づいているものは、新しい権力の場に立つ人たちから日々寄せられた事柄ですが、それだけでなく、もっと重要なことがあります。それは、差し迫ったグローバル通貨のリセットの状況のことです。

その状況は重要です。
(*)以下よく分からないのでオリジナルを張りました)

Its status is important because it cannot become a public fait accompli without the US Treasury becoming a hard-metal asset-backed issuer of US currency – the very definition of ER.

Accordingly, when you publicly see the Global Currency Reset you will know that we have an asset backed currency, and you will know that we have received ER. [Economic Receipt].


私は保証します。不信、苦いユーモア、悪い思い出などは、短期間のうちに吹き飛んでしまうことでしょう。そしてあなたの旅は奨励され、サポートされていることを。そうなることは間違いありません。

私が過去に言ったように、"あなたは[あなたの投資の量]よりもはるかに多くを支払われます。さらに、この支払い遅延の不当な長さのために、それ相当の支払いを受け取ることでしょう。

” Merry Christmas and Happy New Year to all!

Blessings

Al Hodges

[PR]
by lamsoleil | 2014-12-22 08:10 | コブラ情報:変化への準備

新しい地球づくり、コミュニティつくりを中心にフランスから発信しています


by lamsoleil