探求ブループリント(まとめ)/「実体」とは

ウイングメーカー・フィロソフィー
第三室:224p

「実体」の意識の創造

ファーストソースは、自らの多次元宇宙の創造の結果として、それを探求することを決定した。

多次元宇宙が創造されたとき、ファーストソースは光の微粒子の中に自らを招き入れ、
分離へと微粒子を解き放った。

創造は「ライト・ボディ」という物理的な装置を用いて、個としてのアイディンティティーを授けられたことから始まった。

微粒子たちは、決して創造の外側の領域に挑戦することはなかった。
距離が大きく、振動密度が時間を減速させていて、ライト・ボディでの探求が不可だった。

最初の「実体」は、自分たちの意識が住むための次の装置を造ることを理解していた。

ファースト・ソースはソース・インテリジェンスの働きを通して、創造の最も遠い領域を知覚することは可能。しかし経験することは不可だった。

ウイングメーカーは、実体の意識を収容した最初の創造物であり、
すべての次元宇宙のあらゆる形態を持つ「人間という装置」の設計者であり、デザイナーである。

他の宇宙、他の惑星にも、人類のバージョンは多数存在している。

たとえ人類の顕在意識が思い出せないとしても、ファーストソースは振動密度の濃い、遠い創造の領域を探求するためにその装置(ソースの意識が入る)を創造した。


実体とは、もっとも高い高次の意識状態。
この意識が、人間という装置〜様々な意識や身体で構成された総体の内に住む。
実体の意識は、経験の絶対的な観察者であり、洞察の統合者。
実体はファーストソースのミニチュア。
しかしファーストソースそのものとし独立、行動する「時空との体験的関係性」の能力が欠ける。

実体を誕生させた理由は、この独立の感覚にある。
これが探求のブループリントの核心である。
この独立感覚がなければ、子(実体)は親(ファーストソース)の知覚認識に制限させられる。
このような探求は単一の次元の知覚であるため、不完全な探求になる。


「あなた方が『人間という装置』の中にいるのなら、現実には、ファースト・ソースと同じ物質が集まった不滅の光の意識なのだ。

「あなたはファースト・ソースと同じ物質から生まれ、それは決して死ぬことはない」

「あなたのアイディンティティのコアである、この最も純粋なヴァイブレーションを放棄したり、無効にしたりすることは不可能なのだ」


ウイングメーカー3  加速される自己変容
(VOICE出版)より
ウイングメーカー・フィロソフィー第三室:224p



First Source - My Central Message (Wingmakers)



^^^こちらから、ウイングメーカーjapanの発信している情報をダウンロードできます。
Site Activity & Info
http://www.h4.dion.ne.jp/~doufaufa/wingmakers/act&info/act&info.htm



[PR]
by lamsoleil | 2015-05-14 22:55 | ウイングメーカー

新しい地球づくり、コミュニティつくりを中心にフランスから発信しています


by lamsoleil